白内障

白内障について

視力低下、かすみ目などの症状がでます。

眼の中の水晶体(レンズ)が濁る病気で、加齢によるものが多いです。

アトピー性皮膚炎や外傷、眼内の炎症、糖尿病などに伴って若い人にも発症することがあります。

紫外線も白内障発症に関与しています。普段から外出時は紫外線対策を忘れないようにしましょう。

視力の低下がみられ、日常生活に支障をきたすようであれば、手術をおすすめしております。

白内障の治療

*点眼治療*

初期の白内障の方へ、進行抑制に用います。

*白内障手術*

手術は、目薬で局所麻酔後、濁った水晶体を取り除き、人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入します。

眼の中に入れる眼内レンズは大きく2つあります。単焦点レンズ(1つの距離にピントが合う:保険診療)と多焦点レンズ(2つ以上の距離にピントが合う:自費診療)です。

多焦点レンズを用いた白内障手術(遠近等の2焦点レンズ)は先進医療で、先進医療特約等ご加入の方が認定施設で手術を受けた場合、後日保険会社から手術代が給付されます。

多焦点レンズは、眼の状態によっては適さない方もいらっしゃいますので、信頼できる医療機関で患者さまの眼やライフスタイルに合った眼内レンズ選びがとても重要です。

近年、白内障手術は、手術を受ける時期、日帰りか入院か、眼内レンズのタイプなど、患者さまの選択肢が大きく拡がりました。お一人ひとり、ご自身に合った白内障手術を選択して、快適な生活を送っていただきたいと思います。

順天堂医院、東京医科大学病院で入院での白内障手術をご希望の患者さまへは、当院内で費用等ご案内させていただきます。