コンタクトレンズ・メガネ

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。

コンタクトレンズは、適切な管理が必要な医療機器(心臓ペースメーカーなども同じ)に指定されておりますので、眼科専門医による適性検査・処方・定期検査が必要です。

当クリニックでは、皆様の大切な眼の健康と安全を第一に考えて、安全かつ快適に使っていただけるコンタクトレンズの処方とサポートを心がけております。

処方しているレンズ

コンタクトレンズ・メガネ
  • 近視用
  • 遠視用
  • 乱視用
  • 遠近両用(乱視用も処方しております)
  • サークルレンズ(お色のついたレンズ)
  • モバイルサポートレンズ(近くを見る作業の多い方用)

処方について・・初めての方も安心

目の状態、ご希望のコンタクトレンズのタイプ、使用目的、生活環境などから貴方に適したコンタクトレンズを決定いたします。コンタクトレンズ指示書(処方せん)を作成いたしますので、販売店にお持ちください。

※ 装用が初めての方へは、スタッフが装用方法を指導いたします。お早めに受付をお済ませくださいませ。装用練習時もマスクのご着用をお願いいたします。

定期検査がとても大切です

コンタクトレンズ・メガネ

大切な眼の安全と健康のために、3~6か月に一度の診察をご案内しております。

視力検査、眼の診察、レンズチェック・消毒法の確認などをいたします。度数の変更やレンズの種類・メーカーの変更、実生活で見え方やつけ心地を確かめたい、などのご相談もどうぞ。

コンタクトレンズ装用による、ドライアイの方が増えております。自覚症状がなくても、角膜表面にキズ(点状表層角膜症)が生じている場合があります。キズの状態に応じて、レンズを外していただき、より詳しく角膜の状態を診察いたします。

眼の調子がよくない場合、見え方に変化があった場合は、大切な眼のために、その都度お早めにご相談ください。

メルスプランサポート

定額制メルスプラン会員(Menicon)の皆さまの、快適なコンタクトレンズライフをサポートしております。コンタクトレンズの調子が悪い、見づらくなってきた、レンズの種類を変えたい・・レンズの交換など、なんでもお気軽にご相談ください。検査・診察の上、目に適したレンズを処方させていただきます。

正しい装用とお手入れがとても大切です

*コンタクトレンズをはめる時、はずす時には、石鹸でよく手指を洗いましょう

*1日使い捨てレンズ以外は、コンタクトレンズの洗浄と消毒を確実に行いましょう。

* * * * *

コンタクトレンズは、タイプごとに使用期間が定められています。

1dayタイプの使用期間は1日です。一度眼からはずしたレンズの再利用はできません。

2weekタイプの使用期間は最長2週間(開封後レンズを使用しない日も含めます)です。

装用方法や使用期間を守らずに使用した場合や、毎日のこすり洗い・消毒を怠った場合(1dayタイプ以外)は、角膜に重篤な眼障害を起こすことがあります。不衛生なレンズケースも眼感染症を引き起こす原因となりますので、洗浄はもちろん、ケース本体も1~2か月に一度新しいものと交換することが大切です。

汚れたレンズを使用していると、角膜の感染症以外に、アレルギー性結膜炎、巨大乳頭結膜炎(まぶたの裏に大きなブツブツができる)などの結膜炎を起こすこともあります。日々のレンズのお手入れが面倒な方は、眼の健康の為に1日使い捨てレンズのご使用をお勧めいたします。

大切な眼の為に、何かいつもと違うことがあれば、直ちにレンズの装用を中止して、お早めに受診して下さい。

花粉症の方へ

コンタクトレンズ・メガネ

春の花粉症の方で花粉飛散時期にもコンタクトレンズをお使いになりたい方は、お早めにご相談ください。

レンズのタイプ、素材に応じた抗アレルギー薬を処方いたします。防腐剤フリー&点眼回数が1日2回でOK!のコンタクトレンズ装用の方も使いやすい抗アレルギー点眼薬もございます。

当クリニックでは、花粉症の初期療法をおすすめしております。花粉が飛び始める2週間前頃から点眼を開始していただくと、花粉飛散期間中、辛いかゆみ等の症状を和らげることができます。

花粉の時期のコンタクトレンズは、

  1. 1日使い捨てタイプがおすすめです。
  2. 表面がなめらかで、まぶたとの摩擦の少ないレンズがおすすめです。
  3. 必要な時だけの装用がおすすめです。

度数の合ったメガネもご用意ください

コンタクトレンズと眼鏡の併用をおすすめします。

帰宅後はコンタクトレンズをはずしてメガネを使用しましょう。眼の調子が悪い時や試験の時などは、コンタクトレンズの装用をお休みして、メガネで過ごしましょう。大切な眼に休息を。

また、メガネをお持ちでない為に、眼の調子が悪い時にも、無理をしてコンタクトレンズの装用を続けて、眼障害を起こしたり、悪化させてしまう方がいらっしゃいます。

メガネの処方箋も随時発行しておりますので、お申しつけください。