ドライアイ

ドライアイについて

ドライアイ

ドライアイは、様々な要因で涙の安定性が低下する疾患です。

眼の不快感やかすみ目などの症状が生じ、眼表面の結膜や角膜にキズを伴うことがあります。

我が国の患者さま数は、2,200万人ともいわれており、さらに増加傾向にあります。

涙は、ムチンというたんぱく質を含んだ液層の上に、瞼のマイボーム腺から分泌される油の層が被さる2層構造になっています。

涙は「まばたき」によって眼の表面に広がり、乾燥防止・洗浄・殺菌・栄養補給など、私たちの眼を守る大切なはたらきをしています。

ドライアイの方は、この大切な涙の層が不安定になり、瞬目時のまぶたの摩擦も亢進するため、様々な症状に悩まされます。

ドライアイの症状

  • 乾燥感
  • ごろごろなど異物感
  • 充血
  • 痛み
  • まぶしさ
  • 疲れ
  • かすみ(視力低下)

など

ドライアイの要因

ドライアイ
  • 加齢、女性などの外的要因。
  • 喫煙、パソコン・スマートフォンの画面を見続けること(VDT症候群)、ストレス、睡眠、食事、内服薬、コンタクトレンズ装用などのライフスタイルが影響するもの。
  • 慢性関節リウマチ、シェーグレン症候群などの全身疾患に伴うもの。

など


ドライアイの治療

点眼薬

涙液層の改善に有効です。

  • 人工涙液・ヒアルロン酸点眼薬、ムチンや水分の分泌促進点眼薬
  • ムチンを産生する点眼薬
  • 病態により、抗炎症系点眼薬の併用

など

涙点プラグ

涙の排出口である涙点を塞ぎ乾燥を防ぎます。

環境要因の改善

ドライアイ

ドライアイを引き起こすような習慣やライフスタイル、環境の改善も有効です。

  • VDT作業時にまばたきを増やし、適度の休憩をとりましょう。
  • コンタクトレンズ装用の方は、点眼薬で涙を安定させ、レンズ表面の潤いを保ちましょう。保湿成分配合のなめらかな素材のレンズを使用し、帰宅後はお早めにレンズをはずしましょう。
  • 適度な加湿を行い、エアコンの風が直接眼に当たらないようにしましょう。
  • 眼を温める、リッドハイジーン(眼瞼清拭)でマイボーム腺からの脂質の分泌をスムーズにして涙の蒸発を防ぎましょう。院内でリッドハイジーン専用のアイシャンプーをご紹介しております。

など