緑内障

緑内障について

緑内障

緑内障とは、眼圧などのストレスで、眼の視神経乳頭が障害され視野に異常をきたす病気です。現在、中高年の失明原因の第1位です。

40歳以上の日本人の5%が緑内障に罹患しており、その内確認されていないいわゆる潜在患者の方が約90%になるという結果が得られております(日本緑内障学会より)。

緑内障には、眼圧が高い場合と、正常の場合があります。日本人には、眼圧が正常範囲内の、正常眼圧緑内障の方が多いです(緑内障患者さまの約70%)。

緑内障の治療

薬物治療が第一選択です。まず、眼圧を下げる点眼薬を用いて視神経障害の進行を阻止または遅くするようにします。点眼薬は、患者さま個々に、緑内障のタイプ・進行度、眼圧、ライフスタイルを考慮して選択いたします。

いろいろな作用機序の薬剤や、配合点眼薬(2種類の違う作用の薬が1本になったもの)が登場し、治療の幅は広がりましたが、点眼薬で眼圧のコントロールが難しい場合などは手術が必要になることがあります。

緑内障の視神経障害および視野障害は基本的には非可逆的ですが、治療によって進行を遅くすることが可能です。治療の早期開始と治療の継続が大変重要です。

緑内障の検査

緑内障

自覚症状が少ないまま進行していきますので、40歳を超えていらっしゃる方は、眼科での検査・診察がとても重要です。

  • 視力検査
  • 眼圧測定
  • 眼底検査
  • OCT(光干渉断層計)検査
  • 視野検査

<ご注意>瞳を開く目薬を用いる場合がございます。検査時間は約1時間。視野検査はご予約の方優先です。

健診で、緑内障疑い、視神経乳頭陥凹拡大を指摘された方も、どうぞお早めにご相談ください。