ものもらい

ものもらいとは?

ものもらい

正式な病名は麦粒腫(ばくりゅうしゅ)です。

まぶたの縁にあるまつ毛の毛根や汗腺、脂腺に細菌が感染しておこる化膿性の炎症です。

体の抵抗力が低下している時や、まぶたの縁が不衛生になっている時に「ものもらい」ができやすくなります。他の人にうつることはありません。

原因

細菌の感染

常在菌の黄色ブドウ球菌の感染が多いです。

症状

まぶたの部分的な赤み、腫れ、かゆみ、痛み。

薄いまぶたの皮膚が破れて、皮下にたまった膿が自然に排出されることもあります。

治療

抗菌点眼薬や抗菌眼軟膏を用いて治療します。

予防

  • 正しい食生活や十分な睡眠で、体の抵抗力が低下しないようにしましょう。
  • リッドハイジーンで、まぶたの縁や目もとをきれいにしましょう。
  • 汚れた手で目にふれないようにしましょう。
  • 清潔なコンタクトレンズを使用しましょう。
アイシャンプー

目もとの汚れを落とす方法として、当院ではアイシャンプーを紹介しております。

院内販売価格 60ml、1,800円(税込)