屈折異常・老視

屈折異常について

屈折異常とは、近視、遠視、乱視のことです。

  • 遠くが見にくい
  • 近くが見にくい
  • ものが2重に見える
  • 学校の視力検査で「要再検査」になった
  • 眼鏡の処方箋ご希望

などのご相談を受けております。

小さいお子さまの屈折検査も可能です。

屈折の状態や年齢・ライフスタイルに応じた視力の矯正を行っております(眼鏡処方、コンタクトレンズ処方)。

手術による近視矯正(レーシック)をご希望の方へは、信頼できる順天堂医院眼科をご紹介致します。

近視、遠視、乱視

近視

屈折力が強いため、網膜の手前にピントが合います。近くのものにはピントが合いますが、遠くのものにはピントが合わず、ぼんやり見えます。

遠視

屈折力が弱いため、網膜の後ろにピントが合います。軽度の遠視では、水晶体の厚みを変えて(調節といいます)ピントを合わせることができますが、常に調節を働かせているので眼が疲れやすくなります。

強度の遠視では、近くも遠くもピントを合わせることができません。

乱視

角膜や水晶体のゆがみで、屈折が不均一になり、一点にピントが合わないため物がダブって見えます。また、眼が疲れやすくなります。

お子さまの視力

屈折異常・老視

お子さまの視力の発達は8歳ぐらいで止まるといわれており、遠視や乱視などの屈折異常が視力の発達に影響を及ぼし、弱視や斜視になったりする場合があります。

当院では、手持ちの屈折測定機器にて小さいお子さまの屈折異常も調べることができます。

小学校に入学する前までにご相談下さい。

老視

老視とは老眼のことです。

屈折異常ではなく、ピント合わせの力(調節力)の低下で特に近くのものにピントが合いづらくなった状態です。40歳前後より水晶体の弾力が低下することが原因です。

どなたの眼にも起こりますが、遠視の方は、老視の自覚症状が早めに出ることが多いです。

近視の方は、もともと近くは見えますので、老視を自覚しにくいようですが、遠くが良く見える眼鏡やコンタクトレンズを使用している状態でお手元が見えにくくなってきた場合は、老視の始まりの可能性があります。

快適な見え方の為、定期的に眼鏡・コンタクトレンズの度数チェックも大切です。ライフスタイルに合わせて、遠近両用コンタクトレンズやメガネの処方もお気軽にご相談下さい。