網膜疾患

網膜疾患について

網膜とは、眼の奥にあり、カメラのフィルムに相当します。

視力低下、中心部のゆがみ、中心部が暗く見える、飛蚊症(黒いものが飛んでみえる)、視野の周辺に光が走って見える、などの症状が出ます。

糖尿病・高血圧の方、健診で眼底出血、黄斑部の精密検査を指摘された方もお早めにご相談ください。

詳しい検査

網膜疾患
  • 散瞳薬を点眼して、診察室で眼底を詳しく調べます。散瞳薬の影響で、検査後も4時間ぐらいは、見え方がぼんやりします。
  • OCT(光干渉断層計)を用いて、眼底の中心部の詳細を調べます。

OCT・眼底の写真撮影時はまぶしいですが、時間は短くお体への負担は少ない検査です。

主な疾患

 

網膜剥離

網膜にできた裂孔や円孔から眼球内の水(硝子体液)が網膜の裏側にまわり、網膜が剥がれた状態です。糖尿病や眼内の炎症、アトピー性皮膚炎に合併して網膜剥離が起こることもあります。

【症状】

・飛蚊症(黒いものが飛んで見える)

・視野の周辺にピカッと光りが走った

・急に視力が低下した、見えないところがある

【治療】

<網膜がはがれている場合>:入院して手術が必要です。

<網膜裂孔や円孔でとどまっている場合>:当院外来でレーザー光凝固治療を行います。裂孔や円孔の周りの網膜にレーザーを照射して、網膜がはがれないようにいたします。

【自覚症状のある方へ】

網膜剥離は、早期発見・適切な治療がとても大切です。自覚症状がある方はどうぞお早めに受診ください。

糖尿病網膜症

糖尿病の眼の合併症です。予備軍の方を含めると、日本人の8人に1人が糖尿病の可能性があると言われています。

高血糖が続くと細かい血管が徐々に障害を受けて、網膜が虚血に陥り網膜症が発症します。血糖のコントロールが不十分な方では、5~10年で網膜症が発症します。

【症状】

・網膜症が発症しても、初期の段階では、視力低下などの自覚症状はほとんどありません。

・網膜中心部の黄斑にむくみが生じた場合は、急激に視力低下などの自覚症状が出てきます。

【治療】

網膜症に対しては、レーザー光凝固治療が主となります。

<糖尿病黄斑浮腫>:網膜中心部の黄斑のむくみに対しては、ステロイドや新生血管をおさえる薬(抗VEGF薬)を眼内に注射する治療が有効とされています。経過や病状に応じて、レーザー治療、硝子体手術が選択されます。

<進行した増殖性網膜症>:入院して硝子体手術が必要です。

【糖尿病の方へ】

網膜症は、自覚症状のないまま発症し、進行して、失明に至ることもある怖い合併症の一つです。しかしながら、初期の段階で発見できれば、血糖コントロールで病状の悪化を防ぐことができます。

自覚症状の少ない網膜症から大切な眼を守るために、糖尿病の方は、内科での血糖コントロールとともに、眼科で定期的に眼底検査を受けていただくことが、とても重要です。

加齢黄斑変性

網膜の中心部である黄斑部に起きる病気で、中心部の視力低下やゆがみが生じます。

最近日本人の患者さまも増えております。

黄斑部の網膜下に発生した新生血管をおさえる薬(抗VEGF薬)を眼内に注射する治療や、光線力学的療法などを行います。

初期段階で発見された場合は、喫煙の中止、欧米型の食生活を和食中心に変更、サプリメント摂取など生活習慣の改善で病態の進行を防ぐことができる場合があります。

黄斑部の病気は、ゆがみや視力低下など日常生活に非常に支障をきたします。

ご自宅でも、片目ずつの見え方をチェックして、気になることがあれば、お早めにご相談ください。早期発見、早期治療がとても大切です。

黄斑前膜

網膜の中心部に薄いセロハンのような膜ができます。中心部のゆがみが生じ、ゆがみが強い場合は、手術で薄い膜を取り除きます。